広告って誰のため?

つぶやき

以前お会いした、広告マンの方とのお話で、「なるほどね」と思った会話をご紹介。


広告マン先輩
広告マン先輩

やーK君、ひさしぶり

disegno-K君
disegno-K君

あっつ広告マン先輩、お久しぶりです。

広告マン先輩
広告マン先輩

K君、その呼び方やめてくれる?

disegno-K君
disegno-K君

先輩、ここで実名出していいんですか?逆に

広告マン先輩
広告マン先輩

・・・冗談だよK君。
それよりさ、広告って誰のために出すかわかるかい?

disegno-K君
disegno-K君

そりゃー先輩、新規ユーザーでしょうよ。会社だって新規ユーザー獲得して、商品売りたいし。

広告マン先輩
広告マン先輩

もちろんそれもあるね。でもね興味深い広告のあり方もあるんだよ。企業はすでに製品やサービスを購入したユーザーも重要視しているんだよ。

disegno-K君
disegno-K君

購入した人に??

広告マン先輩
広告マン先輩

そう。例えばさ、K君がメルセデス買ったとしよう。

disegno-K君
disegno-K君

僕ポルシェがいいです。

広告マン先輩
広告マン先輩

・・・じゃポルシェを買ったとしよう。その後TVCMや雑誌などで、ポルシェのカッコイイCMや広告をみたらどう思う?

disegno-K君
disegno-K君

満足感ありますね。あっこれ買ったんだって。自慢したくなったり。

広告マン先輩
広告マン先輩

優越感、満足感を満たされるよね。購入したユーザーに改めて納得させるんだよね。これは高品質なものやこだわりをもって購入したユーザーには特に現れる現象だよね。

disegno-K君
disegno-K君

うんうん。

広告マン先輩
広告マン先輩

CMや広告だけでなく、WEBサイト(ホームページ)も見直したりするね。そこで特徴、スペック、こだわりなんかを閲覧してあらためて”納得”するんだよね。

disegno-K君
disegno-K君

それありますね。みなおしてみて、これ買って間違ってなかったとか。

広告マン先輩
広告マン先輩

人の欲求(購買意欲)を刺激するよね。
だからWEBサイトも製品やサービスに関してはしっかり作り込むことが必要。自サイトだと表現できないこともあるけど、スペック、特徴、使い方なんかはしっかりと作り込まないとね。

disegno-K君
disegno-K君

わかる~。メーカーのページ見ても、あれっこれだけ?ってのがあったりするとがっかりする。

広告マン先輩
広告マン先輩

そうそう、だからK君もクライアントのページを見直して、そのへんをクリアできてない場合は提案をしてあげるといいんじゃない?

disegno-K君
disegno-K君

ですね。ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました