大きなオフィスの必要性について考える

つぶやき

最近思うことがあります。

大きな事務所(オフィス)って必要?

対人を必要とする業務が必須の企業は別としても。

そこで大きな事務所(オフィス)の必要性について考えてみた。

①打ち合わせが出来る

②企業イメージ

③拠点としている

④みんなでいると団結した感じになる

くらいしか思いつかない・・・。まー税金対策とかいろいろあるんだろうけど。

しかも事務所の場所や広さによってかかってくる諸経費は大幅に違う。

最近、クライアントとの話の中で興味深い話を伺いました。

クライアントの友人は某企業の会長で、都内の一等地のビルの4フロアを事務所として使用しているとのこと。しかし、近いうちに撤退するという。コロナ禍でテレワークが進む中、「これでできるじゃん」ということになったらしい。

家賃は年、何百億円。まじか・・・。国に対する税金には大きな貢献してるけど。

企業イメージや打ち合わせのために、今まで何千億円支払っていたなんて。

それだったら、都内の一等地にでもおっしゃれーな一軒家建てて、それ事務所にしたほうがよくない?って思っちゃう。10億円あれば十分じゃない?

打ち合わせがある人はその日にくればいいし、その他の社員だって順番に出社させればね。

交通費だってそのぶんなくなるしね。っていう素人考えだけど。

見栄を捨てきれなければ古いまま

打ち合わせやミーティングなど、人と対する行動が自粛される中、テレワークなどでも出来ることが出てきました。今まで当たり前だったことが、実は無駄なこともあったと改めて感じる今日このごろ。
都内の一等地に事務所があれば、打ち合わせに来てもらう、また企業イメージもいいとされてきたが、これからはどうでしょう。

ランニングコストや仕事の効率可を考えれば、多くのパーセンテージを占めるのが「見栄」かも。
自慢がしたい、人を見下す、すごいと思われたい、チヤホヤされていたい。っていう人いるよね、たまに。ブランド品を着てないと人と会えない人とか。ちょっとかわいそう。

それと類似しているように思える。

でもね、令和の時代そんなことで企業や人を判断する人ってそんなにいないよ。有名大学出身でないとだめとか、有名企業で働いてる人がいいとかって、考えが昭和。

それってただの不安定な目安的なものではあり、「人」を判断するものではないよね。

付き合いが深くない人への判断材料であるだけで、逆にそういう人にはどのように思われていても別に構わないんだけど。

企業も他人の目よりも、社員のためにお金使ってあげてください。社員が企業を大きくするのだから。

タイトルとURLをコピーしました