SEOに必要な条件:キーワードアンカーテキストリンク

SEO

アンカーテキストとは

簡単に言うとアンカーテキストはリンクが貼られたテキストのこと。

例えば、デジーノ・ケイのホームページへようこそ。

上記の「デジーノ・ケイのホームページ」にリンクが貼られてますね。これがアンカーテキストです。

エンドユーザはこのアンカーテキストをクリックすることにより、各ページに飛ぶことができます。

なぜアンカーテキストがSEO対策にとって重要なのか。

それはgoogleなどの検索エンジンは、リンクの貼られたテキストをキーワードとして認識しているから。

これはテキストだけではなく、リンクの貼られた画像にも同じことが言えます。ただその場合、リンクが貼られた画像に”alt”が設定されていないといけません。

アンカーテキストが「キーワード」であるという証拠があります。

例えば「18歳未満はこちら」でyahooがヒットします。

yahooでは「18歳未満はこちら」というコンテンツはありませんし、それに特化したページなど存在じません。

それではなぜ、yahooで「18歳未満はこちら」がヒットするのか。それは膨大なアダルトサイトのフロントページで、「18歳未満はこちら」というキーワードでyahooがリンクを貼られているからなのです。

アンカーテキストの注意点

アンカーテキストはキーワードになりますので、

「くわしくはこちらを御覧ください」

よりも

「詳しくはnikeのTシャツのページを御覧ください」

とするほうがSEO的には正解ですね。リンクが付いている「nikeのTシャツ」という文字がキーワードとなります。

また、リンクが貼られたテキストと、飛び先のページの内容が合っていないといけません。

例えば「詳しくはnikeのTシャツのページを御覧ください」をクリックして、adidasのページ行ってしまっては全く意味がありません。

アンカーテキストと、飛び先のページのキーワードが合っていることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました