SEOに必要な条件:1ページ1キーワード

blog

1ページ1キーワードの必要性

そのページがどれだけそのことについて詳しく記述されているかを検索エンジンは見ます。

せっかくアンカーテキストでリンクが貼られ、サイトタイトルやmetaタグにもキーワードを入れても、本文中にそれに特化した検索対象がないと意味をなしませんね。

このページはこのキーワードについて、他のページよりも詳しく書いているよ、と検索エンジンに教えてあげましょう。

もちろん検索エンジンファーストになってはいけませんね。全てはエンドユーザーのためです。

エンドユーザーにわかりやすくするためにも、特定のキーワードは該当ページで詳しく閲覧できるようにするべきだと思います。

キーワードの出現率や、キーワード同士が近い文章で書きましょうなど、様々な意見が昔からありますが、答えはないように思えます。

にも書きましたが、被リンク数も検索ヒットには非常に関係があるのです。

  • アンカーテキストで作られたリンク
  • 1サイト1テーマ
  • 1ページ1キーワード
  • 勝負するキーワードの選定
  • ストリクトなページづくり
  • 更新頻度を高める
  • ページを増やしていく
  • 被リンクを増やす
  • 長い間運営する

これこそが、SEOの基本であり、自ずと検索エンジンに対する評価は上がってくると思うのです。

まずはエンドユーザーのために

エンドユーザーにわかりにくいページって結局検索エンジンにもわかりにくいんです。

情報がバラバラで、どこを見ていいのかわからないようなページは見ませんよね。

例えばスピーカーメーカーのページ。

1ページにスペックも製品特徴なんかも盛りだくさん。これ疲れます。それよりも

  • 商品概要ページ
  • スペックのページ
  • 使い方

なんかがページごとにカテゴリー分けされていたらわかりやすと思いませんか?

でもクライアントには予算があります。ページが増えればそれだけ予算も増える。

しかし、何のためにホームページを作るのか。そう、全てはエンドユーザーのため。

上位表示には時間はかかりますから。

タイトルとURLをコピーしました